フェリーみしま乗船に伴うPCR検査のQ&A

フェリーみしま乗船に伴うPCR検査について、問い合わせが多い質問について紹介しています。

 

Q:PCR検査はどこで受ければよいですか?

A:鹿児島県が実施している鹿児島中央駅、鹿児島空港で離島へ出発する人を対象にしたPCR検査をご利用ください。費用は2,000円です。住民の方は、領収証を役場民生課に提出してください。後日全額償還払いいたします。高齢の方や、小さなお子様がおられて、鹿児島中央駅や鹿児島空港での検査が困難な方は、民生課までご相談ください。現在、検査件数が多くなっており、PCR検査結果が届くまでに2~3日を要している状況です。フェリー乗船前日から起算して5日以内に検査をお願いします。

離島へ出発する人を対象としたPCR検査(鹿児島県ホームページ)

 

Q:鹿児島県が実施するPCR検査会場では、島への移動を確認できるものを提示するようになっています。フェリーみしまは予約のシステムや、これから乗船を証明するものはありませんが、会場受付で何を提示すればよいですか?

A:住民の方は運転免許証等、現住所が三島村となっているものをご提示ください。

業者の方は、工事予定表や作業指示書等の事業所が作成した、三島村内で業務があることを示す文章等をご提示ください。

 

Q:市販の簡易検査キットを使用してはいけませんか?

A:市販の検査キットは検査精度等が十分でないものもあり、PCR検査をお願いします。

 

【住民の方】

Q:当初、1週間以内の滞在で島に帰る予定でしたが、悪天候で船が出港できずに、滞在期間が1週間以上過ぎてしまうことが予測される場合はどうすればいいですか?

A:天候不良等で1週間以上の滞在になることが予測される場合は、PCR検査を受けてください。PCR検査代は役場に領収証を提出することで、後日全額償還払いいたします。鹿児島県内でも感染拡大が続いており、滞在期間が延びるほど感染のリスクがあります。

 

【業者の方】

Q:島に行って、一度鹿児島に戻り、またすぐ島に行きます。戻ってきて検査を受けるタイミングがありませんが、どうすればいいですか?

A:島から鹿児島に戻って、1週間以内に再度、島に行く場合はPCR検査は必要ありません。感染対策を十分に行い、お過ごしください。1週間以上島外に滞在して再度島に入る場合は、PCR検査が必要です。

 

※PCR検査は、あくまでも検査時点の感染を確認するものです。たとえ検査結果が陰性であっても体調の変化には十分注意し感染防止対策の徹底をお願いします。すべての皆様の生命と健康を守るためご協力をお願いします。

 

 

 

しおかぜ留学
みしまぐらし
三島村観光協会公式ショップ
ふるさと応援寄付金ふるさと納税
みしま焼酎プロジェクト
みしま村観光
フェリーみしま
みしまカップ
三島村ライブカメラ
ジャンベスクール
ジオパーク

PAGE TOP