新型コロナ感染症における4月以降の対応について

本村では、これまで国や県の方針をもとに、離島という特殊性を考慮し村独自の対応を決定してまいりました。

政府は、首都圏1都3県に発令中の新型コロナウィルスの緊急事態宣言を3月21日に全面解除しました。しかし、新型コロナウイルス変異株や春の歓送迎会等によるリバウンドも懸念され、第4波への備えは急務とされています。

これらの状況を踏まえ、本村におきましては、4月1日から4月30日までの期間につきましては、下記の通りとさせていただきます。ご理解とご協力をお願いします。また、感染の動向やその他の事情により、期間中に変更となる場合もありますのでご了承下さい。

1 乗船前・搭乗前の検温について

当面の間、実施します。また、全ての乗船・搭乗されるお客さまは、入島前2週間の健康観察票の提示をお願いします。確認できない場合は乗船・搭乗をお断りすることがございますので、ご了承ください。

※健康観察票の記載内容につきまして、お尋ねする場合があります。すでに医療機関を受診され、薬品が処方されている場合はご説明ください。なお、乗船前の検温の際、発熱症状がある場合は、かかりつけ医にまずはご相談ください。相談する医療機関に迷う場合は、受診・相談センターへご連絡ください。

 

2 観光やレジャー目的の方の受け入れについて

県外からの観光やレジャーなどを目的とした不要不急のすべての移動(島内の滞在を伴わない日帰り便への乗船も含む)は、自粛を要請します。

 

3 業務の方の受け入れについて

(1)業務等で来島される業者様は、できるだけ県内在住の方でご対応ください。

(2)やむを得ない場合は、必ず入島前2週間の健康観察票による体調管理を行い、乗船・搭乗前の検温時に提示をお願いします。また、入島後も必ず健康観察の継続をお願いします。

 

4 帰省目的の方の受け入れについて

帰省を目的とする場合は、必ず入島前2週間の健康観察票による体調管理を行い、乗船・搭乗前の検温時にご提示をお願いします。また、入島後も必ず健康観察を継続し、「密閉・密集・密接」の3密を避け、それぞれの場所や場面で自ら行うべき行動を考え、行動して下さい。

 

5 入島される方へのお願い

(1)船内および島内では必ずマスクを着用し、こまめに手洗い・手指消毒をしてください。滞在日数分のマスクをご持参ください。

(2)入島後も毎日の検温と健康観察をしてください。体温計の共用は感染のリスクがあるため、個人でご持参ください。

(3)会食など集団で集まることはクラスター発生や二次感染の要因となりますので、控えて下さ

い。島民との不要な交流は避け、必要最低限の外出をお願いします。

(4)ケガや発熱等の症状がある場合、直接診療所に行かず、まずは診療所に電話連絡をして下さい。

(※電話番号は別途記載)

 

6 村民の方の移動について

(1)全国各地で感染が確認されています。島外への外出は慎重にご判断ください。感染者が多い地域との往来については、感染防止の徹底をお願いします。なお直近1週間の人口10万人あたりの新規感染者数が15人以上となる地域については、不要不急の往来自粛をお願いします。

(2)毎日健康観察を行う習慣をつけましょう。発熱や風邪症状がある場合は自宅待機をし、診療所へ電話にてご相談下さい。

(3)上鹿した際は、検温と健康観察を継続し、乗船・搭乗手続きの際に健康観察手帳または健康観察票を提示して下さい。(※健康観察手帳及び健康観察票は各出張所、港待合所に備え付けてあります。)

(4)これから増える歓送迎会や謝恩会などの際は、「短時間で開催する」、「会話時はマスクを着用する」、「箸やコップを 使いまわさない」、「体調が悪い人は参加しない」など、感染リスクを下げる取り組みをお願いします。

(5)「新しい生活様式」を参考に、感染予防対策を徹底しましょう。また、都合により上鹿する際は、感染予防対策が十分でない飲食店などの利用は控え、集団や3密環境は避けて過ごして下さい。

(6)新型コロナウィルスワクチン接種について、様々な事情により接種ができない方が不当な差別や偏見を受けないようにご配慮ください。

しおかぜ留学
みしまぐらし
三島村観光協会公式ショップ
ふるさと応援寄付金ふるさと納税
みしま焼酎プロジェクト
みしま村観光
フェリーみしま
みしまカップ
三島村ライブカメラ
ジャンベスクール
ジオパーク

PAGE TOP